こんなときは?

 家というものは、雨風、日光に毎日さらされ自然と劣化していくものです。定期的にメンテナンスをしなければ劣化部分から、雨等が入り外部だけではなく内部も腐食してしまう可能性があります。塗装とは、外観を美化するだけではなく、家全体を守る効果もあるのです。 大切な家を長持ちさせるためにも、定期的な塗り替えをオススメします。

屋根

新築又は前回の塗り替えから、7~10年は経っているという場合は塗り替えの時期にきているかもしれません。 屋根の塗装は剥がれていませんか?雪止めは錆びていませんか?トタンと雪止めが接触している部分から錆が発生して、トタンに穴が空いている事が多くあります。そこから水が入り内部を劣化させる原因になります。

外壁

外観を触ってみて、手に粉状の物が着くようならチョーキングと呼ばれる現象で塗膜が劣化してきた証拠です。 劣化が進むと塗膜がヒビ割れて、クラックと呼ばれる現象が起きてきます。外壁では、シーリングも注意です。特にサッシ廻りは痛みやすいので、ヒビ割れがおきていないか注意してみてください。

鉄部、木部

前回の塗り替えから3~5年。錆が浮いてきたり、塗膜が剥がれてきているようなら塗り替え時期です。

※塗装の事で気になることがあれば、どんな些細な事でもご相談ください。

※外部塗装の際、色の事で迷うと思います。そんな時はイメージをもってもらうためにカラーシュミレーションも行っています。

ページトップへ▲